住宅ローンに関する注意点

家は大きな買い物です。

こんにちは。
人生のうちでしばしば大きな買い物をする場面に直面することはあるかと思いますが、一般的には何千万円単位での買い物をする機会なんかは、家を買うくらいしかないのではないでしょうか?少なくとも私はそうでした。

 

現金で買えるだけの余裕があれば何の苦労もしないとは思いますが、ほとんどの方は分割払いやら住宅ローンを組んでの支払方法を取られるはずです。

 

みなさんは重々ご承知のこととは思いますが、改めましてよく考えて頂きたいと思います。
即ち、長期払いにおける金利差について、です。

 

サラ金なんかの高利ですと、さすがに目に見えて金額的なものは見えて参りますが、住宅ローンなんかの長期ローンですと、感覚としては捉えにくいのが実態です。
大体は年利で3%前後が相場でしょう。奨学金なんかの上限が最大で3%前後ですので、金利としては安い方かもしれません。

 

しかしながら、住宅ローンですとなにせ元本がハンパじゃございません。何千万円単位からの年利ですので、実はこれ、相当に高くつきます。仮に2千万円を単利で借りても、年間の金利は60万円です。普通は複利でしょうし、元本の平均はもっと上でしょうから、本来ならばこれ以上に金利が掛かるわけです。

 

可能であれば現金一括で、それが出来ないならば、せめて繰り上げ返済することをお勧めします。

 


ホーム サイトマップ