金利はどっちが有利?

固定金利 or 変動金利?

数千万円もの住宅ローンを、年収数百万円の私が、数十年もかけて返済する
一世一代の決断をする場面に至り、
この二者択一は、生きるか死ぬかまではいかないものの、
至極難しいもののように感じました。
というのも昨年のこと。

 

消費税増税論議もさかんな折、買うなら早い方がいいとの思いで、
新築マンションの購入を決め、いざ住宅ローンをどう組むかの話に至った時のこと。
「固定にされますか?変動にされますか?」という、
営業マンのこの一言で、頭を悩ます日々が始まったのです。

 

「固定か変動かなんて考えていない…」
「そもそも固定と変動の違いって何?」
両者の違いを簡単に言うと、
「固定金利」は金利が途中で変わることがないため、
将来のライフプランを立てやすいという点が大きなメリットです。
代表的なのは住宅金融支援機構の「フラット35」という商品。

 

一方、「変動金利」は景気の動向などに合わせて金利が変わるもので、
現状では固定金利よりも金利が低く設定されているため、
当面の返済額が安いのがメリット。民間金融機関に多い商品です。
ただし、変動なので途中で金利が上がれば、
それに伴い返済額が大幅に上がるリスクもあります。

 

将来的な安心をとるか、目先の利益をとるか。
私の場合、手持ちの軍資金が少なかったため、変動にかなり揺れましたが、
結局、悩みに悩んだ末、固定に軍配が上がりました。
固定に傾いた大きな理由の一つが、
「デフレの現状と、将来的なインフレの可能性」です。
デフレの文字が紙面を賑わせている昨今、
脱デフレは日本にとって重要な課題のひとつ。
脱デフレ、すなわち現状よりインフレに転じるということ。

 

そして、インフレと金利の上昇は連動するものだから、
長期的に見ると、金利上昇の可能性の方が大きいと思うのです。
金利が上昇すれば、変動の場合は返済額が上がるわけだから、
固定の方が結果的に得になる、そう考えた末の選択でした。

 

世の中の捉え方は人それぞれ。
デフレが続くと捉えるか、将来のインフレに賭けるかも個人の判断次第。
ただし、金利を選ぶ今の自分の判断が将来の自分の資金を左右するため、
じっくり考えた上で後悔のない選択をする必要があると思います。

金利はどっちが有利?関連ページ

金利の大別
住宅ローンに関する注意点を分かりやすく説明したサイトです。
返済負担率はどのくらい?
住宅ローンに関する注意点を分かりやすく説明したサイトです。
繰り上げ返済について
住宅ローンに関する注意点を分かりやすく説明したサイトです。

ホーム サイトマップ