返済負担率はどのくらい?

家計に対する返済負担率

住宅ローンの返済負担率については、一般的な会社員の場合、25%以内であれば安全な領域、25%超〜30%以内では黄信号、30%超であるとレッドゾーンであるといわれます。

 

年収が高くなれば、この数値も上がっていくわけですが、それが絶対的な条件とはいえません。いくら年収が多くても、家計の管理ができない人では、ローン破綻の危機がついて回ります。
そのため、より安全を期すためには、直近の家計を詳細にチェックして、そこから計算していくらまで返済できるのかをはじき出すのが最も安心といえます。
家計簿をつけていないような人は、それだけで住宅購入希望者失格とみなされてしまっても文句は言えないでしょう。仮にそうした人がいたならば、これからでも遅くはないので、最低でも半年、できれば一年程度は家計簿をつけてみることをお勧めします。家計簿をつければ、おのずから節約の意識や危機管理意識がついてくるものですし、自分たちの家計の実体が見えてくることになります。

 

漠然とした感覚ではなく、具体的な数字で家計の実態を把握する、ということが非常に重要になってくるのです。
そのことが、これから20年、30年と続いていく住宅ローン返済生活の予行練習にもなっていくことでしょう。

 

 

 

返済負担率はどのくらい?関連ページ

金利の大別
住宅ローンに関する注意点を分かりやすく説明したサイトです。
金利はどっちが有利?
住宅ローンに関する注意点を分かりやすく説明したサイトです。
繰り上げ返済について
住宅ローンに関する注意点を分かりやすく説明したサイトです。

ホーム サイトマップ