住宅ローンの為に考える事

住宅ローンを組む際に考えなくてはいけないこと

私の会社では、ただいまマイホームラッシュというようなブームが来ています。
同年代の同僚が順番にマイホームを購入しているような状態なのです。
もちろん住宅ローンを組んでいるのですが、この住宅ローンですが高額なだけあっていろいろと規則があるそうですね。

 

私の会社には、仕事の都合で心の病気になった同僚がいています。
今はもうすっかり元気になって仕事をがんばっているのですが、その同僚によるとしばらくは住宅ローンが組めないそうです。
いろいろとやり方を駆使すれば組めないこともないそうですが、一般的な組み方では駄目だといっていました。
というのは、住宅ローンを銀行で組もうと思うと、団体信用保険というものに加入する条件があるのです。
ローンを組んでいる人が病気などで亡くなったときに、ローンの残りを払ってくれる保険なのですが、この団体信用保険に加入できないそうなのです。今では働いてもいるのでおかしなものだな。
と思うのですが、心の病に対して保険業界はかなり冷たいようですね。

 

一種の社会的な偏見が制度として残っている状態のような気がしますが、こうした現実があるそうなので住宅ローンを組むときには注意が必要かもしれませんね。

住宅ローンの為に考える事記事一覧

金利の大別

住宅ローンの仕組みには、金利のタイプ別に分けて、4種類に分けることができます。第1の全期間固定金利型は、文字通り最小の金利が完済するまで変わらないというタイプで、フラット35などがその代表です。全期間にわたって返済期間が変わらないのでその点は安心することができますが、全体的に金利はやや高めになります...

≫続きを読む

 

金利はどっちが有利?

数千万円もの住宅ローンを、年収数百万円の私が、数十年もかけて返済する一世一代の決断をする場面に至り、この二者択一は、生きるか死ぬかまではいかないものの、至極難しいもののように感じました。というのも昨年のこと。消費税増税論議もさかんな折、買うなら早い方がいいとの思いで、新築マンションの購入を決め、いざ...

≫続きを読む

 

返済負担率はどのくらい?

住宅ローンの返済負担率については、一般的な会社員の場合、25%以内であれば安全な領域、25%超〜30%以内では黄信号、30%超であるとレッドゾーンであるといわれます。年収が高くなれば、この数値も上がっていくわけですが、それが絶対的な条件とはいえません。いくら年収が多くても、家計の管理ができない人では...

≫続きを読む

 

繰り上げ返済について

住宅ローンを借りている方で繰り上げ返済が少し気になった方はいらっしゃるのではないでしょうか?私も、数百万単位のまとまったお金が手元に入ったので気になっています。そこで、繰り上げ返済を少し視野に入れてみたいと思い、色々と調べてみました。まず言えることは、「結構面倒」ということです。例えば、残り1000...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ