貯金ゼロからの住宅ローン

貯ゼロから3年で貯める!

結婚してすぐにアパートに住んでいましたが、全く貯金ができませんでした。
日々の生活費や食費にお金を使うのは分かりますが、いつか自分たちのものになるわけでもないアパートのために払う月々の家賃がもったいなくて、『家を持ちたい』と思うようになりました。
しかし妊娠のため、派遣社員を辞めてからというもの生活が苦しくなり、貯金ゼロでは家を建てるのもこわいということで、私の実家に居候させてもらうことにしました。
3年という契約で、そのうちになんとかお金を貯めようという魂胆でした。

 

実家に引っ越してすぐ長男が生まれ、しばらくしてから家のことも考えていこうと、いろんなところに見学会などにも行きました。
あるとき見学会に行った先で、ある住宅会社の営業の方がなかなかしつこく、「参考に」と言いながら土地探しや家の間取りまで考えてくれ、見積もりまで出してくれました。
案の定、お金のない私たちの予算以上の値段で無理でしたが、「A銀行でいくら借り入れできるか聞きましょうか」と言うのです。

 

今借り入れするということは絶対になかったですが、今の時点でいくら借りられるのかというのは知りたかったのでお願いしました。
すると数日後に返事が。結果は「ゼロ」でした…。
「そんなことってあるの?」と言葉が出ませんでしたが、今建てるつもりもないからと話が終わりましたが、主人も私もそのことをずっとひきずっていました。
それから私の両親との約束の3年があっという間に過ぎ、いよいよ家を建てることになりました。
町の不動産会社で建てることにしました。信頼もあるいい会社です。
そこで住宅ローンの話になったときに、「ゼロ」と言われたA銀行以外で話を進めていきました。

 

最初に申し込んだ銀行では減額の借り入れということで断念。次に申し込んだところは全額借り入れOKでしたが金利が少し高く、月々の返済が心配になり保留にしてもらいました。
「さあどうしよう」となったときに、主人が「ゼロ」と言われたことのあるA銀行に申し込んでみないかと言い出しました。
確かに数年前とは状況も変わっていたので、もしかしたらいけるかもと思いましたが。

 

また「ゼロ」と言われるのでは…と心配しながら申し込むと、「ゼロ」と言われたのは何だったのかと思うほど、あっさり全額借り入れOKの返事が!
「なんとなく結局この銀行になるような気がしたな〜」と思う私でした。

 

貯金ゼロからの住宅ローン関連ページ

個人事業者のローン審査
住宅ローンに関する注意点を分かりやすく説明したサイトです。
3年間の優待金利
住宅ローンに関する注意点を分かりやすく説明したサイトです。

ホーム サイトマップ